翻訳会社から声をかけていただきました

 

もうだいぶ前の話になってしまいましたが、
トライアルに合格した翻訳会社から

「うちの専属で働きませんか?」

と声をかけていただきました。

 

すぐに上京して
直接担当者にお話しを伺ってきました。

大型の翻訳プロジェクトの
リードリンギストを必要としているとのこと。

「リードリンギスト」というポジションについて
僕には知識がありませんでしたので聞いてみると、

  • 訳語の統一やスタイルガイドへの準拠等
    翻訳者の訳文をチェック
  • スタイルガイドの作成・修正を含む管理
  • 翻訳者とクライアントとの間に立って
    原文や訳文に関する問い合わせに対応

簡単に挙げてみるとこんな感じだそうです。

フリーランス翻訳者を目指していましたので
そんな仕事をすることについて
今まで考えたこともありませんでした。

でもとりあえず、

組織に縛られずに働きたい
家族との時間も大切にしたい

そのうえで、

家族を養えるだけの収入を得たい
フリーランス翻訳者の道でそれを実現したいと考えている

 

と、
自分の希望を正直にお伝えしたところ、

担当者は

「時代的に、優秀な方を会社に縛って働いてもらうことは難しくなっている」

「うちで働くことをステップとして利用してもらってもいい」

「Win-Winの関係性でお仕事させてもらいたい」

というようなことをおっしゃられました。

正直言うと最初は、
調子のいいことを言って乗り気にさせて
安く使おうとしてるんじゃないかと
疑いの気持ちも少しありました。

しかし

その後も直接顔を見ながら
いろいろな話をさせていただき
さらに、面談の後には数名の関係者と
夕食もご一緒させていただいて話をするうちに
信頼できそうな人たちだなと
思えるようになりました。

当初提示された報酬も悪くはない金額でしたが
「Win-Winの関係性で」とのことだったので
思い切って交渉を試みました。

すると若干ではありますが
金額を上方修正してくれました。

この時点で
気持ちはほとんど決まっていましたが、
派遣先の外資系企業への
正社員登用の話もまだ動いていたこともあり
慎重に決断したいと言って
決断までに時間を少しいただきました。

あと、

やはり不安はありましたので
お仕事をさせていただいたことのある
フリーランス通訳者・翻訳者の先輩方々や
レバレッジ特許翻訳講座の管理人さんにも
ご意見を伺ってみました。

みなさん、ご意見はそれぞれでしたが、
条件的に悪くはなさそうだな
ということは分かりました。

 

で、

その正社員登用の話はどうなったかというと、
また別の記事でお話しさせていただきますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください