妻、正社員からパートへ

空きが出た5月後半から
息子は保育所へ通い始め、
妻は職場に復帰しました。

しかし、
通い始めて4日目で熱発。
そして熱性けいれんを発症し、入院。

体調が良くなって保育所通い再開したものの、
しばらく通ってはまた体調を崩し、を繰り返し、
保育所に通い始めてから2か月の間に、
ウイルス感染症、急性胃腸炎、突発性発疹と、
いろいろ経験し、熱性けいれんは3度発症しました。

救急車で運ばれたのが2回、入院2回。

結局、職場復帰したばかりの妻が
何度も仕事を休むことになり、
所定の勤務時間を満たせず給料は減り、
でも保育所を休んでも保育料は変わらず
月額料金を支払わないといけない。。

保育所に預けていることの意義が
分からなくなってしまいました。

 

もともと妻は、
子どもが小さいうちは家で世話をしたいと
思っていたところがあったので、
思い切って仕事を辞め、保育所も辞めることを決意。

妻が職場にその意思を伝えると、
「週1日の出勤でいいから、しばらく続けて欲しい」とのこと。

しばらくの間、
週1日、午後のみ、4時間だけ
出勤することになりました。

時給は1,300円。

4時間だけといっても、
その間、息子の面倒をみてくれる人が必要です。
地域の一時預かりサービスもありますが、
1時間600円かかります。

勤務時間の4時間に加え、
送迎時間を考慮すると5時間の利用で
1回当たり3,000円の出費になります。
それで得られる収入が5,200円。

それを考えると、
息子をそういうところに預けずに
自分たちでなんとかやっていこうということで、
週1回は僕が午後休を取って帰宅するようにし、
それができない場合は、
自営業の義母にお願いをしてみてもらうことにしました。

 

幸い、派遣の仕事の現場が
ちょうど落ち着いた時期だったので
何度か、僕が午後休みを取って
息子を世話する機会もありました。

息子と二人だけで過ごす機会は少ないので、
短い時間ですが、とても新鮮な気持ちになりますし、
何より、毎日息子と過ごしている妻が、
いろんなことに気を遣っていて、
どれだけ大変な思いをして家庭を支えているのか
ほんの少しだけ体験できますので、
妻の大変さがイメージしやすくなりました。

妻のパート勤務がいつまで続くか分かりませんが、
仕事の調整をうまくして、
なるべく息子と二人で過ごす時間を増やしたいです。

 

あとは、
妻の収入が激減したため、
僕にかかるプレッシャーは大きくなりました。

来年3月には派遣契約が切れますので
今と同じ仕事は続けられないことは確実です。

翻訳会社のトライアルには
既に数社合格していますし、
派遣先の外資系企業や、
そのパートナーである日本のメーカー、
その他にも1社、
声をかけていただいているところがあります。

派遣契約満了まであと半年となった今、
それぞれの選択肢を慎重に精査し、
丁寧に条件を伺いながら
良い決断ができるようにしたいです。

このことについては、
改めて別の記事で書かせていだきますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください