海外翻訳会社の実ジョブを受注#2

海外の翻訳会社から大型プロジェクトの
実ジョブを受注しました。

この会社は過去の記事で紹介した会社で、
CVに記載の実績からトライアル免除で登録後、
この大型プロジェクト準備段階の
グロッサリーとスタイルガイドの
チェック案件をいただいた会社です。

今派遣でやっている翻訳の仕事と同じ分野の、
世界的大手企業のウェブサイトローカライズ案件です。

複数の翻訳者で各ページを分担して作業が行われ、
僕は本業の派遣の仕事もあるので、
1日1,000ワードほどのペースで
進めていけるように調整をしていただき、
合計約25,000ワードをアサインしてもらいました。

会社概要、製品紹介、採用情報等、
ページのタイプによって翻訳の内容が異なり、
ターゲットを意識した表現の仕方に工夫が必要でした。

この会社で初めての翻訳の実ジョブで
いきなり分量の多い案件でしたが、
成果物に満足いただけると幸いです。

派遣の仕事とのバランスや、
息子の病気・入院が重なったタイミングでの対応、
そして、他の翻訳者さんの訳文を参考にしながら
自分のベストだと思える訳文をあげていく作業など、
かなり良い経験ができたと思います。

次に続くといいんですが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください