時間制限付きトライアルを受験しました

産業翻訳のトライアルを受験しました。

課題文は2種類。
それぞれ約400ワードの分量で、
2時間以内に翻訳して提出するというものでした。

課題文の内容から、ソースクライアントが
世界的大手企業であると分かりましたし、
翻訳会社の担当者からは
大型プロジェクト案件と聞かされていたため、
これは、なんとしても合格しなければ!

課題文は、
ウェブサイト上の製品紹介文書のようでした。
原文のメッセージを過不足なく
日本語で表現するにはスキルが要ります。

簡単な単語を使った何気ない表現を
どんな日本語で表現したらいいのか迷い、
思った以上に時間がかかりました。

制限時間ギリギリまで悩みましたが、
2件、合計4時間の試験が終わりました。

1件目の課題文はもう少し手直しがしたかった。。
2件目に課題文に関しては自信あります。

合格できるかな~。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください