熱性けいれん

小さい子どもが高熱を出したとき
時々けいれんすることがあると
聞いたことがありました。

自分自身も幼児のころに一度
高熱でけいれんを起こし
救急車で運ばれたことがある
ということを両親から聞かされていました。

しかし、まさか自分の息子の身に起こるとは
思ってもみなかったので、非常に驚きましたし、焦りました。

今回、息子が24時間以内に2回
けいれんを繰り返したこともあり、
熱性けいれんについて知り得た情報を
ここに書き記しておこうと思います。

【熱性けいれんとは?】
●38度以上の発熱に伴っておこる発作性疾患
●発熱し始めてから24時間以内に起こることが多い
●中枢神経感染症、代謝異常、その他発作の原因となる
明らかな疾患がないものをいう
●熱が2~3日続いてからけいれんが起こった場合には
髄膜炎や脳炎の恐れがあるため注意が必要
●5歳前後までの子どものうち10人に1人に起こるといわれ
1~2歳が発症のピーク
●大部分は小学校に入る前に自然に治まる

【熱性けいれんの種類と症状】
●身体が急に硬直し、手足をピーンと突っぱる強直性けいれんと呼ばれるものと
手足をバタバタさせ、顎がガクガク震える間代性けいれんと呼ばれるものがある
●強直性と間代性の両方が見られる場合とどちらか一方が見られる場合とがある
●目は一方向を向いたり白目になったりする
●意識を失い、呼吸が荒くなったりする
●けいれんがおさまった後は眠ったような状態になる
●単純型と複雑型に大別される
●単純型熱性けいれんの場合、
・全身のけいれんは15分未満
・けいれんは左右対称に起こる
・発症年齢は6か月から6歳くらいまで
・意識障害や麻痺が残らない
・24時間以内に2回以上けいれんが起きない
・親や兄弟にてんかんの家族歴がない
・熱性けいれんを起こすまでに、神経症状や知的な障害がない
・くせになったり、障害を残したりすることはない
●複雑型熱性けいれんの場合、
・けいれんが15分以上続く
・身体の一部だけ、または片側だけで起こる
・24時間以内に2回以上起こる
●複雑型熱性けいれんを起こす小児は、僅かではあるが
後年にてんかん発作を起こしやすくなる
●一度けいれんを起こした小児のうち約3割は、複数回繰り返すことがある

【熱性けいれんが起こったら?】
●まずは慌てずにけいれんをよく観察する
●服をゆるめ、顔と身体を横に向ける
●頭部を少しそり気味にして呼吸を楽にする
●吐物、分泌物が口のまわり、鼻孔にたっていたら拭き取る
●歯を食いしばっている時でも、口の中に物を入れない
●体温を測定し、発作の持続時間と症状
(左右差、眼球偏位など)を観察し記録する
●治まるまで必ずそばで見守る
●抱っこなどで激しくゆすったり、大声で呼びかけたりして
大きな刺激を与えない
●アイスノン等でのクーリングを施し、医者からの
処方があれば薬剤を使用する

【すぐに受診が必要な症状】
●初めてのけいれん(特に1歳未満)
●発作が10分以上続く
●短時間に発作を繰り返す
●身体の一部だけで起こっている
●けいれんが左右非対称
●けいれんの前後に頭痛や嘔吐、意識障害を伴う
●けいれん後、しばらくしても身体の動きが悪い

【けいれんはなぜ起こる?】
※熱性けいれんのメカニズムは、実はまだ良くわかってないが
以下のような原因が考えられている
●子どもの脳が未熟なため
●体温上昇に伴って脳の神経細胞が強い電流を発生
●結果、脳が筋肉に勝手な運動指令を出したり、
意識がなくなったりする
●成長に伴って熱の刺激に対する抵抗力が増し、
年長児ではけいれんを起こすことが少なくなっている

医者によっては、けいれんを起こしやすい子どもに対し
「ジアゼパム(商品名:ダイアップ)」という坐薬を
処方することがあり、その場合は、熱の上がり始め、
37.5度以上になった時点で坐薬を挿入することで
けいれんをある程度予防することができるそうです。

しかし、近年はダイアップの使用は
避けられる傾向があるらしいです。

このジアゼパムという医薬品には、
抗不安薬や催眠鎮静薬としての効能があり
投与されると意識が朦朧として身体がぐったりするそうで、

万が一、そのような状態で
けいれんを防ぐことが出来なかった場合、
けいれん後の意識の回復状態を判断することが
困難になってしまい、単純型か複雑型なのかの
区別がつかなくなってしまう恐れがあるからだそうです。

以上のような、熱性けいれんについての知識が
頭に入っていれば、あんなに慌てることはなく
もっと落ち着いて対応ができたはずです。

この記事が、小さいお子さんをお持ちの方の
参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください