退院、そして、入院



点滴を打たれながら観察室のベッドで
母親と一晩を過ごした息子。

父親の僕は駐車場の車内で過ごしました。



早朝6時。
息子の体温は再び上昇し38度を超えていたので
また坐薬で熱を抑え、グズる息子をなだめながら
朝の回診を待ちました。

回診の際にはインフルエンザの検査もしてもらい、
結果は陰性。



お医者さんによれば、

何らかのウイルス感染症の可能性が高い。
高熱でたまたまけいれんを起こしてしまった。
深刻な病気の可能性は低い。

とのことで、帰宅することになりました。



病院から自宅までは約20分。
車内ではぐったりとベビーシートに座る息子。
妻が確認すると、また体温が上昇してきている様子。
心配しながらも自宅に到着し、車から降ろそうと
妻が息子を抱き上げた途端に大泣きし始める息子。

とりあえず早く自宅に入って落ち着かせようと
アパートの階段を上がり始めたその時でした・・・


息子が再びけいれんを起こしてしまいました。。。



妻は息子を抱えたまま階段でしゃがみこみ
けいれんが治まるのを待ちました。

前日の経験から、今回は息子の名前を呼びかけたりはせず、
静かに息子の状態を観察することができたと思います。
でもまさかこんなに早く2回目が来るとは思ってもみなかったので
やはり非常に驚き、ショックで、焦りました。



2分ほどでけいれんは治まり、息子はそのまま
目を閉じてぐったりとしてしまいました。

気を失ったのか、眠ってしまったのか
判断がつかないまま、とりあえず自宅に入り
息子を横に寝かせてから救急車を呼びました。

というのも、前日の診察の際にお医者さんから、
24時間以内にけいれんを再発した場合は
重大な病気の可能性があるため救急車を呼んで
すぐに病院に連れてくるように言われたためです。

救急車を待つ間、横たわる息子を前に
不安でいっぱいになりそうな心を必死でおさえ

「静かに息をしてるし、安定してる」
「目も少し動いたよ」

など、少しでも安心できそうな要素を見つけては
声に出して、妻を、自分を落ち着かせようと必死でした。



救急隊員が部屋に入ってきたとき、
息子が目を覚まし泣き始めたのを見て隊員の方が、

「お子さん意識はっきりしてますね」と一言。

隊員の方の安心した表情とその一言で
僕たちはどれだけ救われた気持ちになったことか。



妻が息子を抱えて救急車に乗り込み、
僕は後から車で病院に向かいました。

病院に到着したときには
泣きながらバナナを食べている息子の姿を見て
本当に、本当に安心しました。


しかし、ここから息子はまた、
あの針地獄に送り込まれてしまいます。

前日よりも体内の水分が減り、より一層
血管の確保が難しくなってしまったらしく、
看護師も数人入れ代わり立ち代わり
息子に針を刺しては抜き、場所を変えてまた刺し、
途中、少しの休憩を挟んで合計約4時間。
やっと戻ってきた息子は顔真っ赤で汗びっしょりでした。



熱性けいれんが連続したため
最低3日間の入院が決まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください