効率的な方法

対訳取りを数件進めていくなかで、
改めて効率性に疑問が。。

これまで視聴したビデオでは
秀丸エディタで対訳取りを進め、
数件分のデータが溜まったところで
エクセルに変換し、
Tradosにインポートするという
方法が紹介されていました。

この方法では、
秀丸エディタからエクセルへの変換過程に
どうしても手間がかかってしまうようです。



まだTradosを購入できていない僕は、
比較的安価なmemoQを使用して
翻訳メモリと用語ベースを蓄積していますが、
翻訳メモリの編集機能を使用して
対訳を追加していく方法を試しています。

そうすれば、
翻訳メモリと用語ベースへの
追加作業を同時に行うことができます。

とりあえずは
この方法で進めてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください