なんかしっくりこない

外国企業の明細書を使用して
対訳取りを数件やっていると
よく、なんかしっくりこない
日本語表現に出会います。

また、用語に関しても
訳語が2、3通りあって
どれがより頻繁に使用されているのか
分からないものがあります。

もっと対訳取りの数をこなせば
この分野における表現や用語の傾向が
見えてくるのかもしれませんが、

それよりも、

日本企業が出していて
英語版が存在する明細書をもとに
対訳取りを数件やってみたほうが
より効率良く
品質の高い対訳がとれるのではと考え
何件かピックアップしてみました。

明日から、始めたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください