向き合う時間の差

講座の受講を始めてから
家事と育児は
全て妻がやってくれています。

初めての育児と
全ての家事を
同時に行うのは
大変だと思います。

「1年後にはプロになって稼ぐんでしょ?」と、
僕に僅かなプレッシャーを与えながら
全面的に支援してくれています。

大変感謝しています。

ただ、

息子と触れ合う時間が少ないことと、
大泣きしたときに、
たまに僕があやそうとしても
全く泣き止んでくれないのに
妻が抱っこすると
ピタッと泣き止むとき、
非常に寂しいんです。。

・・・仕方ないですよね。

実際に息子と触れ合う時間の量が違いますから。
妻は、僕の何倍もの時間をかけて
息子と向き合っていますから。

どのくらいの時間をかけて
物事に真剣に向き合うかで
その差はすぐに大きくなるってことですね。

それを常に意識しながら
特許明細書に向き合わないと。

今はそれに集中です。

そうすれば、
遅くとも
息子が3歳になるころには

心の余裕をもって
思いっきり
息子と触れ合う時間をもてる
フリーランス特許翻訳者になってます!

2 件のコメント

  • 家族との約束、
    何より、
    将来の自分とした約束は
    必ず守りましょう。

    でないと、
    逃げるクセがつきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください